ホルモン剤を愛用されている方もいらっしゃると思いますが、知らない方も多いのではないでしょうか。一体何のために使われるのか?どういった効果があるのか?ここではホルモン剤について紹介していきましょう。

■一般的にホルモン剤といえば?

一般的にホルモン剤といえば、女性ホルモンが配合されている薬になります。そもそもホルモンバランスが崩れやすい女性のために作られたものです。子宮内膜の成長などを促すためのエストロゲン。他にも子宮内膜の厚みを維持するプロゲステロンが代表的です。

女性ホルモンは、月経や妊娠といったものによって、変化がしやすく、そのバランスが崩れてしまいやすいという特徴を持ちます。これが崩れてしまうと、体調不良に陥ることになりますから、人工的にホルモンを増やし、調整するといった必要があるのです。

■婦人科の疾患の治療に用いる
ホルモン剤はどのような時に用いられるのでしょうか?基本的には、ホルモン剤が使われるケースというのは、婦人系疾患の際のホルモン治療で用いられます。生理不順や月経前症候群といったPMSと呼ばれるもの。子宮内膜症や子宮筋腫。近年では若年層にも増加している子宮がんや乳がん。

そして不妊治療の際に用いられます。当然に使われるホルモン剤は、それぞれの症状によって違っていますが、どのホルモン剤でも体内のホルモンバランスを調整し、体調を改善するというアプローチは一緒です。

■ホルモン剤の種類は?

前述にもある通り、ホルモン剤はたった一種類ではありません。それぞれの疾患の違いによって、多くの種類が存在しているのです。例えば、生理不順などの際に用いられたり、PMSの治療に用いられるのが「ピル」。ピルというと、避妊に用いられる薬というイメージもあるでしょうが、立派なホルモン剤になります。

エストロゲンとプロゲステロンが配合されており、この両方の成分を増やすことによって、女性の脳を「妊娠してしまった」と勘違いさせることが出来ます。よって体内でのホルモン分泌を減少ないし、ストップさせることが出来ます。また、プロゲステロンにも種類があって、この種類の違いにより、第一世代から第三世代に分けられます。

更にいえば、ホルモン量が一定のタイプや、二相性や三相性といって、徐々に配合量を増やすといったタイプが存在しています。

意外と知らない?ホルモン剤ってどういう時に使うものなの?

■代表的なピルの種類
代表的なピルの種類を紹介しましょう。まず第一世代と呼ばれるもの。一相性ではオーソMが有名です。三相性では、オーソ777とシンフェースと呼ばれるものがあります。次に第二世代。三相性のものが存在しており、トリキュラー、アンジュ、ラベルフィーユなどが存在します。

コンサルテイション※プロベラと生理について http://www.ntp-k.org/medicine/hormone/provera10mg.html

最後に第三世代。これは一相性が有名であり、マーベロンとファボワールが代表格になります。

■更年期障害に使われるホルモン剤

年齢を重ねると、引き起こされるのが更年期障害です。加齢によってエストロゲンとプロゲステロンの分泌量は、どんどんと減少していきます。この減少によって、さまざまな体調不良に襲われる。これが更年期障害のメカニズムになります。加齢は仕方ありませんし、その上で女性ホルモンが減少することも、自然現象といっても問題ありません。

しかしながら、あまりに体調不良がひどい場合には、ホルモン剤を使って、症状の改善に努める必要があるのです。エストロゲンを単体で使うか、プロゲステロンを単位で使うのか。また両方を使うのかは、それぞれの症状によって違ってきます。